ロレックス2017年注目のモデル

スイスの時計メーカーとして名高いロレックス。その中で、チェリーニコレクションは薄型のドレスモデルとして伝統的なタイムピースを備えたクラシシズム(古典主義的)なモデルであり、変わらぬエレガンスを讃えるコレクションです。

ノンオイスターモデルですが日常防水を備えています。そんなチェリーにコレクションの2017年の新作が「チェリーニ ムーンフェイズ」です。月の満ち欠けを表示できるブルーのエナメルディスクを6時位置に備えています。実用性を重視してきたロレックスとしては珍しい、懐古趣味的なモデルとなっています。
しかし、ロレックスの代名詞ともいえるのはオイスターケースを備えたモデルです。オイスターケースとは高い防水性を備え、それまでの腕時計の常識を変えたといっていい技術です。そんなオイスターモデルも、2017年の新作を登場させています。

ドレスモデルでは、スカイディエラー、デイトジャスト41、レディデイトジャスト28の3種類、スポーツモデルでは、シードゥエラー、ヨットマスターⅡ、コスモグラフデイトナの3種類が登場しています。

2017年に発表された新作モデルでは、どれもロレックスが2015年に再定義した独自のSUPERLATIVE CHRONOMETER(高精度クロノメーター)です。